Makoto Design Room

作詞家 Makoto ATOZI あとじまこと profile イラスト ロマン職人ROBIN

Makoto Design Roomのご案内

新型コロナの時代、Go Toトラベル事業で、新幹線の運賃が格安になっている。

インターネットの広告で表示されるたびに、いつ東京でお世話になった方々への挨拶へ行こうかと考えてしまう。

万が一を考えると、お相手さまのこともあるし、なかなか県外へは出られないなと思う。

 

 ぼくは基本的に新幹線は使わなくて、この人生の富山ー東京間での移動は、

ほぼ高速バスばかりだった。夜中に乗り込んで早朝に着く。

富山を出発して、池袋に着くと、まずはネットカフェに入りシャワーを浴びる。

そして、東京でのスケジュールを整え、動き回る。

富山に帰ってくる時は、地元のショッピングビルの横の停留所で降りる。

富山の地面に降り立ったときのあの空気。

地元に帰ってきたのだと安堵するあの空気感。

何度体験しても良いものだと思い、何度も、

「ああぼくはこの場所で生まれたんだ」と実感したことが、この人生のささやかな宝物の一つだと思う。

十数年前に帰郷して、

積極的な音楽活動はもうしないでおこうと決めて、

では何をしようかとなったときに、始めたのは天然石(パワーストーン)の販売だった。

バンコクのプラトゥーナム市場まで買い付けに行って、

パワーストーンを自分で麻紐などで編み込んで販売しました。

そして、少し売れ出したと思ったそのときに、東北の大震災がありました。

精神的にもダウンして様々なことを考えさせられました。

こういう商売が本当に世のためになるのか・・・と

よくよく考えて、デザインを勉強し始めました。

絵を描くのが好きだからというだけで、手探りで始めた勉強でしたが、

奥深いデザインの世界に、日々を過ごすたびに、引き込まれ、

ときには、抱え込んでしまった業務に打ちのめされながら、また勉強して、

今に至ります。

税務上の屋号は「作家 阿閉 真琴」のままですが、

Makoto Design Roomという称号を使用して、今も細々とデザインのお仕事を承っています。

ウエブデザインが中心で、ぼくの手から生まれるデザインは、

自分で言うとおこがましいのですが、

オーナーさま・企業トップの思想を忠実に汲み取る気持ちを一番としています。

だから、通り一遍の綺麗さではなく、なかなかに味わい深いウエブサイトになっていると実感しています。

このウエブサイトももちろん、自分で作ったものです。

WordPressを使用して制作しました。

だいたいのウエブサイトが、5万円から10万円で制作できます。

巷にあるウエブ制作会社では、なんだか思っているイメージと違う気がする・・・

と言うオーナーさまは、もしもご興味がございましたら

お声がけいただけましたらありがたく思います。

こちらより過去の制作業務実績などをお送りいたします。

時代の変化とともに、いいことかどうなのかはこれからわかってくることではありますが、

インターネットという磁場は、これからもっと重要な場所になることでしょう。

このインターネットという磁場を、どう清く歩むことができるか。

それがこれからのぼくたちの課題なのだろうなと思います。

最近は、YouTubeにアップしていますようにアニメーションも勉強し始めましたので

企業さま・店舗さまのオリジナルキャラクターを動かしてしゃべらせたりもできます。

オーナーさまと、オリジナルキャラクターの掛け合い漫才のような動画も制作できますので

ご興味がございましたら是非ともお問い合わせください。

作詞家として20年、それなりの場所をくぐってきた

ささやかな経験から、面白い何かが生まれるであろうと思いながら

日々、精進しています。

あなたに幸せな毎日でありますように。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お問い合わせは下記フォームよりどうぞ

 

Follow me!