遥か遠い記憶 それはまるで 心にひろがる銀河 だからぼくたちはきっとさみしさを超えて行けるだろう 

作詞家 詩人 あとじまこと イラスト ロマン職人ロビン YouTube

遥か遠い記憶 それはまるで 心にひろがる銀河 だからぼくたちはきっとさみしさを超えて行けるだろう

 

この旅路を終えたとき

このこころはどうなるのだろうと

魂はどうなるのだろうと

答えなき答えを知りたいときもあった


先に行った人々

今どこで何を思うのか


あの空にいるのか

この風の中にいるのか

それとも ぼくとともに

ぼくの中にいるのか


遥か遠い記憶 それはまるで

心にひろがる銀河

だからぼくたちはきっと

さみしさを超えて行けるだろう


わかりあえないままで

それでも心ではわかっていて

伝えられないままの万象


きっといつか誰かを伝って

何かを伝って

風となり

雨となり

日差しとなり

音となり

虫や植物の形で

あらゆる万象を通し

または遥かな智慧を通し

こころとこころはまた

ふれあえることでしょう


この旅路を終えたとき

このこころはどうなるのだろうと

魂はどうなるのだろうと

答えなき答えを知りたいときもあった


先に行った人々

今どこで何を思うのか


あの空にいるのか

この風の中にいるのか

それとも ぼくとともに

ぼくの中にいるのか


ぼくたちはいつだって

さみしさを友達として生きている


どんなに馬鹿騒ぎをしても

どんなに美しいものに出会おうとも

どんな幸せの中にいても

その分だけのさみしさは

やがて生まれ

ぼくたちはまた

何かを知る


遥か遠い記憶 それはまるで

心にひろがる銀河

だからぼくたちはきっと

さみしさを超えて行けるだろう


あなたの尊さをみんな知っている

あの人の尊さをみんな知っている


自分自身を愚かに思うとき

さみしさを知る

誰もが同じ道を歩んでいるんだ


遥か遠い記憶 それはまるで

心にひろがる銀河

だからぼくたちはきっと

さみしさを超えて行けるだろう


生まれも消えもしない

泡のように消えながら

昔からあり この先もある

遥かからある世界


いとしさというさみしさが

感謝というさみしさが

自分自身を教えてくれる


ありがとう

銀何に伝えよう


何度でも 会えるさ

いつだって ここにあるさ


ありがとう

銀何に伝えよう


何度でも 会えるさ

いつだって ここにあるさ


遥か遠い記憶 それはまるで

心にひろがる銀河

だからぼくたちはきっと

さみしさを超えて行けるだろう


だからこそぼくたちは

今このときを精一杯に生きる

どんなにさみしかろうとも

この人生を精一杯に生きる

 

 

 

illustration & Message by あとじまこと 

 

Follow me!