そのときそのときは精一杯

そのときそのときは精一杯

気づいて 学んで

すべて悟った気になって

悔やみながら 懺悔しながら

よしここからって歩んできたけれど


何かで見返した言葉から

ふと出てきた書き残しから

「ぼくは こんなことを考えていたのか」と

気づけていたはずの自分の愚かさを知る


どこまでいってもメビウスの輪のよう

生まれては消える悩み 過去

——

今というときは移ろい

すべてはやがて消え去ってゆく

過去にかたちは残せない


そのときそのときは精一杯

気づいて 学んで

すべて悟った気になって

悔やみながら 懺悔しながら

よしここからって歩んできたけれど


何かで見返した言葉から

ふと出てきた書き残しから

「ぼくは こんなことを考えていたのか」と

気づけていたはずの自分の愚かさを知る


小ささを知り

小さな吾(我)として悟った気になって

見つめた井の中

本当は素晴らしい井の中

笑って暮らせていたなら

世界は平和


若者よ

望む「モノ」なんて

多くなくていいよ


望まれるような「者」に

なりなよ


そのときそのときは精一杯

気づいて 学んで

すべて悟った気になって

悔やみながら 懺悔しながら

よしここからって歩んできたけれど


何かで見返した言葉から

ふと出てきた書き残しから

「ぼくは こんなことを考えていたのか」と

気づけていたはずの自分の愚かさを知る


そろそろ船を作ろうか

一人で漕いでみようか

清き心も乗り込むだろう


そのときそのときは精一杯

気づいて 学んで

すべて悟った気になって

悔やみながら 懺悔しながら

よしここからって歩んできたけれど


何かで見返した言葉から

ふと出てきた書き残しから

「ぼくは こんなことを考えていたのか」と

気づけていたはずの自分の愚かさを知る


そろそろ船を作ろうか

一人で漕いでみようか

清き心も集まるだろう


何もかもを一からの気持ちで

そろそろ船を作ろうか


一人で暗い海

明かり目指して

ここからまた

精一杯

 

 

 

illustration & Message by あとじまこと 

 

 

 

Follow me!