しあわせくんとしあわせさん


しあわせくんはいつも笑っています
しあわせさんもいつも笑っているのに
今日はなぜか泣いていました
しあわせくんは困ってしまい
しあわせさんをなぐさめたくて
抱きしめようとしたけれど
しあわせくんもしあわせさんも
腕や体がないので抱きしめられません
しあわせくんは言いました
「なにがあったか知らないけど
僕はずっとそばにいるよ」
すると
しあわせさんはまた泣き出してしまいました。
しあわせくんは知らなかったのです
しあわせさんは嬉しい涙しか
流せないということを
しあわせさんが本当にかなしいときは
涙を流すのではなく
世界中の海の水が増えて
水面がくらくなるのです
もっとかなしいときは荒波が起こります
今日の海は透きとおるくらい
輝いた青色でした

 

 

 

 

(C)Makoto ATOZI

Morning Poem Club

Morning Poem Club Presented by Makoto ATOZI